各相続人の相続分はどのくらいか

基礎知識2 各相続人の相続分はどのくらいか

相続人が複数いる場合、各相続人が被相続人の権利義務を承継する割合のことを「相続分」といいます。相続分も相続人と同様、民法によって定められていますが(これを「法定相続分」といいます)、被相続人が遺言によって特に指定した相続分(これを「指定相続分」といいます)がある場合には、そちらの方が優先します(指定相続分優先の原則)。

もっとも、指定相続分が優先されるとはいえ、相続人(但し、兄弟姉妹は除く)に最低限留保された相続財産の一定割合(これを「遺留分」といいます)を侵すことはできません。

法定相続人の相続分の一覧表

相続人法定相続分 ※1遺留分の割合 ※2
配偶者+子配偶者 2分の1
子 2分の1
被相続人の財産の2分の1
配偶者+直系尊属配偶者 3分の2
直系尊属 3分の1
被相続人の財産の2分の1
配偶者+兄弟姉妹配偶者 4分の3
兄弟姉妹 4分の1
被相続人の財産の2分の1
(但し、兄弟姉妹には遺留分はなし)
血族相続人のみ全部 子のみ被相続人の財産の2分の1
兄弟姉妹のみなし
直系尊属のみ被相続人の財産の3分の1
配偶者相続人のみ全部 被相続人の財産の2分の1

※1 子・直系尊属・兄弟姉妹が複数いる場合には、法定相続分を頭割りとなります。
例)法定相続人が配偶者及び子3人の場合
  配偶者の法定相続分=2分の2
  子の法定相続分=2分の1÷3=6分の1
但し、非嫡出子の相続分は、嫡出子の相続分の2分の1となり、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。

※2 各相続人の遺留分は、「遺留分の割合×各相続人の法定相続分」の計算式で求めます。
例1)配偶者と子が相続人の場合
   配偶者の遺留分=2分の1×2分の1=4分の1
   子の遺留分=2分の1×2分の1=4分の1
例2)配偶者と直系尊属が相続人の場合
   配偶者の遺留分=2分の1×3分の2=3分の1
   直系尊属の遺留分=2分の1×3分の1=6分の1

サブメニュー

ちかラボ
携帯・スマートフォンはこちら

スマートフォンでQRコードを読み取るには、別途アプリケーションのインストールが必要です。

あなたのお悩みをワタシたちのちからで一緒に解決。

お電話でお問い合わせの方 0120-038-007 パソコンからお問い合わせの方 お問い合わせフォーム →CLICK
ページトップへ

借金をどうにかしたい。

詳しくはこちら

ビザをとりたい。

詳しくはこちら

不動産を登記したい。

詳しくはこちら

会社をつくりたい。

詳しくはこちら

その他のご相談。

司法書士・行政書士のあらゆるご相談に専門的にお答え致します。 詳しくはこちら
ページトップへ
各相続人の相続分はどのくらいか|ちから法務事務所
ちから法務事務所は相続手続き/遺言書作成の初回無料相談を受付けております。あなたにとって最適な相続手続き/遺言書作成のお手伝いをいたします。 相続手続き/遺言書作成の手続きや費用など、まずはお気軽にご相談ください。相続手続き/遺言書作成の初回無料相談ならちから法務事務所にお任せください。