日本人配偶者ビザ・結婚ビザ

就労ビザとは?

「日本人配偶者ビザ」は一般的に「配偶者ビザ」、「結婚ビザ」と呼ばれます。正式名称は、「日本人の配偶者等」という在留資格となります。

この在留資格は活動に制限がありませんので、自由に就労することができます。また、この在留者資格が取得できるのは以下の3つのケースです。

(1)
日本人の配偶者

法律上の婚姻関係が成立していることが必要で、内縁関係では認められません。また単に法律上婚姻していても夫婦としての実体が伴っていない場合は、この在留資格は認められません。内縁関係にある妻や夫の場合も有効な婚姻関係とはいえないので、この在留資格は認められません。既にこの在留資格が認められている方で相手が亡くなった場合や離婚した場合は、配偶者には該当しませんので、更新が認められません。この場合には定住者への変更が考えられます。

(2)
日本人の特別養子(一般の養子には認められません)

特別養子とは(原則として6歳未満の子供に対して)家庭裁判所の審判によって、産みの親との身分関係を切り離し、養父母との間の実の子と同様な関係を成立させるものです。

一般的な養子縁組の場合にはこの在留資格は認められません。

(3)
日本人の子として出生した者

「子として出生した者」とは、実子をさしますが、嫡出子のほか、認知された非嫡出子も含まれます。ただし、その外国人が出生したとき、父または母のいずれか一方が日本国籍を有していたとき、または、本人の出生前に父が死亡し、かつ、死亡時に父が日本国籍を有していた場合でなければなりません。

最近は偽装結婚がのケースも増えた為、入国管理局の審査も非常に厳しくなっております。

少しでも早く配偶者の方と一緒に生活できるよう、国際結婚に伴う「配偶者ビザ」、「結婚ビザ」の手続きを当事務所でサポートしておりますので是非ご相談下さい。

サブメニュー

ちかラボ
携帯・スマートフォンはこちら

スマートフォンでQRコードを読み取るには、別途アプリケーションのインストールが必要です。

あなたのお悩みをワタシたちのちからで一緒に解決。

お電話でお問い合わせの方 0120-038-007 パソコンからお問い合わせの方 お問い合わせフォーム →CLICK
ページトップへ

借金をどうにかしたい。

詳しくはこちら

相続の手続きをしたい。

詳しくはこちら

不動産を登記したい。

詳しくはこちら

会社をつくりたい。

詳しくはこちら

その他のご相談。

司法書士・行政書士のあらゆるご相談に専門的にお答え致します。 詳しくはこちら
ページトップへ
日本人配偶者ビザ・結婚ビザ|ちから法務事務所
ちから法務事務所は日本人配偶者ビザ・結婚ビザ申請の初回無料相談を受付けております。あなたにとって最適な日本人配偶者ビザ・結婚ビザ取得のお手伝いをいたします。 日本人配偶者ビザ・結婚ビザ申請の手続きや費用など、まずはお気軽にご相談ください。日本人配偶者ビザ・結婚ビザ申請の初回無料相談ならちから法務事務所にお任せください。