在留期間更新許可申請

在留期間更新許可申請とは?

在留期間の更新申請とは、ビザの期限を延長する手続きのことです。

ビザを取得し、日本に長く在留することとなった外国人の方は、期限ごとに在留期間の更新を行い、日本に滞在する期間を延長する手続きを行う必要があります。

在留資格には、それぞれ日本に滞在することができる在留期間が定められていますが、期間1年あるいは期間3年が一般的です。

例えば、就労ビザの一つである「技術」の在留資格を持って日本に滞在している外国人の方が、期限後も引き続き「技術」の在留資格で日本に滞在したい場合には、「在留期間の更新許可申請」という手続きが必要になります。

なお、ビザの延長の手続きを忘れてしまうと、たとえ1日でも期限が過ぎればオーバーステイになってしまいますから、在留期限には充分に注意する必要があります。
「在留期間の更新許可申請」の提出は、在留期間の満了する2か月前から受付られます。

ちなみに、ビザの期限の延長手続きというのは、基本的に長期滞在のビザについて認められるものであり、「短期滞在」の在留資格で滞在している者については、病気やケガで入院したとかの特別な理由がない限り、在留期間の更新は認められません。

サブメニュー

ちかラボ
携帯・スマートフォンはこちら

スマートフォンでQRコードを読み取るには、別途アプリケーションのインストールが必要です。

あなたのお悩みをワタシたちのちからで一緒に解決。

お電話でお問い合わせの方 0120-038-007 パソコンからお問い合わせの方 お問い合わせフォーム →CLICK
ページトップへ

借金をどうにかしたい。

詳しくはこちら

相続の手続きをしたい。

詳しくはこちら

不動産を登記したい。

詳しくはこちら

会社をつくりたい。

詳しくはこちら

その他のご相談。

司法書士・行政書士のあらゆるご相談に専門的にお答え致します。 詳しくはこちら
ページトップへ
在留期間更新許可申請|ちから法務事務所
ちから法務事務所は在留期間更新許可申請の初回無料相談を受付けております。あなたにとって最適な在留期間更新許可申請のお手伝いをいたします。 在留期間更新許可申請の手続きや費用など、まずはお気軽にご相談ください。 在留期間更新許可申請の初回無料相談ならちから法務事務所にお任せください。