特定調停

特定調停とは、裁判所を介した'公的'な債務整理の制度(民事調停手続)です。
『このままだと債務の支払いが不能に陥る恐れがある債務者』の経済的再生を目指す手続きで、個人又は法人が対象で、平成12年に施行された比較的新しい債務整理の制度。

『利息制限法の制限利息に従って、債務の引き直し計算を行い、払いすぎていた利息分を借金元本に充当して差額を減額する、また、将来発生する予定の利息を免除する。調停後3年程度の期間内に残額を返済する。』

といった内容で処理されるのが現在の傾向として強いようです。

特定調停の利用条件

特定調停の申立てをするには以下のような条件に合致している必要があります。

  • 特定債務者であること
  • 継続的・定期的な収入を得る見込みがある人(有職者など)
  • 減額後の残金を3年(〜5年)程度で返済すること

特定調停のメリット

  • 申立て後、取立て・催促がSTOPする
  • 調停成立までの間、返済がSTOPする
  • 債務の減額・将来利息のカットが期待できる
  • 申立て費用が他の債務整理に比べて安い
  • 借金の理由がギャンブルや浪費などであっても手続ができる
  • 申立てを行う債権者を選択できる
  • 調停委員が本人の代わりに交渉してくれる
  • 申立て成立後の資格制限が無い

特定調停のデメリット

  • 過払い金が発生していても調停では返還請求を行うことができず、別途請求する必要がある
  • 債務があまり減額されなかったり、調停が不調に終わる場合がある
  • 返済期限がある(通常3年程度)
  • 調停調書の約束通りに返済を行わないと、給料の差押など強制執行を受ける場合がある

特定調停の特徴

特定調停は、弁護士や認定司法書士に代理を依頼しなくても、自分で裁判所に申立てを行うことができます。
裁判所への提出書類を自身で作成(雛形に記入)することが出来る場合は、他の債務整理に比べて安価に債務の整理を実現することが可能です。

申立てには一定の条件を満たしている必要がある(定期的な収入がある、など)ため、収入のない人(専業主婦の方など)や、明らかな債務超過で調停を行ったとしても返済の見込みが薄い人は申立てが成立しません。

特定調停以外にも、任意整理という債務整理方法があります。
ちから法務事務所では、任意整理のご相談を承っておりますので、是非ご相談くださいませ。

サブメニュー

ちかラボ
携帯・スマートフォンはこちら

スマートフォンでQRコードを読み取るには、別途アプリケーションのインストールが必要です。

あなたのお悩みをワタシたちのちからで一緒に解決。

お電話でお問い合わせの方 0120-038-007 パソコンからお問い合わせの方 お問い合わせフォーム →CLICK
ページトップへ

ビザをとりたい。

詳しくはこちら

相続の手続きをしたい。

詳しくはこちら

不動産を登記したい。

詳しくはこちら

会社をつくりたい。

詳しくはこちら

その他のご相談。

司法書士・行政書士のあらゆるご相談に専門的にお答え致します。 詳しくはこちら
ページトップへ
特定調停|ちから法務事務所
ちから法務事務所は特定調停に関し無料相談を受付けております。あなたにとって最適な特定調停のお手伝いをいたします。 特定調停の手続きや費用など、まずはお気軽にご相談下さい。特定調停ならちから法務にお任せ下さい。