債務整理とは

'債務'とは、いわゆる'借金'のことです。
従って、一般的に『債務整理とは借金を整理すること』、またその方法や手段を指します。
借金の整理方法として一般的に知られているのは'自己破産'という言葉ですが、自己破産もいくつかある『債務の整理方法の一つ』です。
それ以外にも整理方法があり、それぞれ期待される効果や整理方法・手続、整理後の生活への影響なども異なるため、債務者自身にとってどの整理方法を選択するのがベストなのかをしっかりと把握する必要があります。
法律専門家(弁護士や認定司法書士)のアドバイスを受けるのが一般的です。

債務整理のメリット

債務整理には幾つかの方法があり、整理方法により期待できる効果やメリット、制度の利用条件などが異なりますが、


1.借金額の圧縮・免除
債務整理を行う主な目的は借金を減らすことです。どの整理方法でも共通して、借金の減額・免除と言った効果が期待されます。

2.業者からの取立てのSTOP
毎日続く取立てに精神的につらい思いをされている方も多いのではないでしょうか。
認定司法書士や弁護士に債務整理を依頼すると以後の交渉は認定司法書士らが引き受けますので、消費者金融などの金融業者からの取立てが止まります。

3.持ち家などの財産を失わずにすむ場合もある
自己破産をすると、持ち家などの財産も没収されてしまいますが、任意整理による交渉が可能な場合や民事再生が適用できる場合など、財産を失わずに債務整理を行える場合もあります。

4.将来利息が無くせる(減らせる)場合がある
払っても払っても減らない借金・・・。
これではいつまでたっても、債務者が経済的に自立することが出来ません。
債務整理では、将来利息のカットなどを業者と交渉することにより無くせる(または減らせる)場合があります。

5.払いすぎた利息(過払い金)が戻ってくる場合がある
今まで多くの消費者金融が、法律で定められた利息上限を超えて利息を設定してきました。
その結果、債務者の多くは知らず知らずのうちに、利息を払いすぎている状態(過払い金)が発生しています。
任意整理では、今まで支払った利息などを法定利息に置き換えて計算しなおし、払いすぎた利息を取り戻すことが出来ます。

6.無理のない返済計画が設定できる
債務超過により、現状の支払いが困難な場合、任意整理などを行うことにより、借金を減額・利息をカットする等をすると同時に、無理の無いペースで返済できる返済計画を設定可能です。

注意事項

債務整理を行う上ではメリットだけでなく、デメリットも存在します。
社会的な信用、資格の喪失や関係者の方にご迷惑がかかるなどのデメリットがある場合がありますので、お客様それぞれが十分ご理解の上でご相談頂きますよう宜しくお願い致します。
詳細についてはご相談の際、充分にご説明致します。

債務整理の方法と種類

詳しくはこちら

債務者が個人の場合、以下が代表的な債務整理の種類です。

  • 任意整理
  • 過払い金返還請求
  • 自己破産
  • 個人民事再生整理
  • 特定調停

このうち、任意整理は私的な整理手続、特定調停・個人民事再生・自己破産は法律よって定められた公的な債務の整理手続きです。

サブメニュー

ちかラボ
携帯・スマートフォンはこちら

スマートフォンでQRコードを読み取るには、別途アプリケーションのインストールが必要です。

あなたのお悩みをワタシたちのちからで一緒に解決。

お電話でお問い合わせの方 0120-038-007 パソコンからお問い合わせの方 お問い合わせフォーム →CLICK
ページトップへ

ビザをとりたい。

詳しくはこちら

相続の手続きをしたい。

詳しくはこちら

不動産を登記したい。

詳しくはこちら

会社をつくりたい。

詳しくはこちら

その他のご相談。

司法書士・行政書士のあらゆるご相談に専門的にお答え致します。 詳しくはこちら
ページトップへ
債務整理とは|ちから法務事務所
ちから法務事務所は債務整理の無料相談を受付けております。あなたにとって最適な債務整理のお手伝いをいたします。 債務整理の手続きや費用など、まずはお気軽にご相談ください。債務整理ならちから法務にお任せ下さい。